一戸建ての売却方法|4つのおすすめ方法を紹介

一戸建ての売却はハードルが高いと言われますが、本当にそうなのでしょうか。一戸建て住宅の特徴を調べると、その意味がわかってくるかもしれません。売却に至るまでのステップや、段階ごとに必要な注意点をひも解きましょう。また、売却の手段についても理解しておくことにしましょう。

一戸建て住宅売却のむずかしさ―土地と建物を別に評価する

一戸建て住宅は、土地と建物を別に考え査定します。「家は引き渡し完了の瞬間から老朽化が始まる」と言われるように、税法上も、実際の家の査定価値も、年々下がるものです。

木造の一戸建ての場合、早ければ15年、遅くとも20年を経過すると建物の価値はほぼゼロとされているようです。立派な柱や梁を誇る古民家でもない限り、経年劣化による価値の減少は受け入れざるを得ないものです。

一方では、土地には価値が残り続けるものです。毎年発表される路線価、エリアの人気度によって左右こそされますが、全くもって無価値ということはあり得ません。
「土地は欲しいが家は古すぎる」「土地に魅力は感じるが家には大幅に手を入れたい」という購入希望者が現れることも覚悟しておかなければなりません。建物と土地を個別に査定されることで、売却が成立しそうな価格や期間がはっきりしづらいことが一戸建て住宅売却のむずかしさなのです。

一戸建て住宅売却のむずかしさ―建物の評価方法は確立されつつあるが…

では、築15年以上の一戸建ては無価値なのか、というともちろんそれは間違いです。作りが頑丈で、なおかつメンテナンスも充分に行われており、その後購入者の手で行われるであろうリフォームやリノベーションにも耐えられるだけのポテンシャルを持っていると判断される家は高く売れます。それは、だれが判断するのでしょうか。これまでは不動産会社の解釈に委ねられていましたが、今は「ホームインスペクション」という手段で家の“健康度”を計ることができるようになりました。

ホームインスペクションとは、家のお医者さんに健康診断を受けるようなものです。中古住宅の流通をスムーズにするため、2009年に第一回目の「ホームインスペクター資格試験」が実施された新しい制度です。今後の浸透が待たれるところです。

一戸建て住宅売却の難しさは、家が買主の手に渡って後に雨漏りやシロアリ被害が確認され、「これは事前に知り得た瑕疵(問題点)ではないのか」と訴えられてしまうケースを代表とし、多々あります。何百万、何千万をかけて手に入れたものがトラブル含みであれば、買主も当然不服を感じます。このような問題を回避するためにも、ホームインスペクションは今後の普及が見込まれています。

売却にあたり売主の側でこのホームインスペクションを受けておくと安心してもらえる上、その評価によっては価格面で大きく妥協しなくてもよいでしょう。
http://www.jshi.org/

一戸建て住宅売却のむずかしさ―個性的な一戸建ては売却が難しい

ごくごく一般的な家ではなく、その家そのものが個性を放つスタイル、間取りである場合、売却は難しくなると言われています。その個性が運命の購入希望者に出会うことができればそれなりの価格で売却ができるのですが、運悪くその個性を求める購入者と巡り合えなかった場合、売却までの時間が長くなったり、価格面で譲歩を求められることもあるのです。

このようなことを防ぐためには、できるだけ多くの不動産業者に仲介してもらい、多くの人の目に触れる状況を作らなければなりません。どこにいる人にでも均一に情報を提供するため、インターネットの大手サイトへの掲載も必要でしょう。

【売却方法①】住宅密集地ならご近所さんが欲しがっているかもしれない

住宅密集地に建っている一戸建てならば、ご近所が土地を欲しがっているかもしれません。日照時間の問題、リフォームしたいが土地に制限がかかっているといったケースで、隣接地を取得したいと願う方もいらっしぃます。

もしもご近所づきあいがスムーズなら、既にそのような声かけを受けているかもしれません。このような場合は、家を欲しがっているのではなく、土地を欲しがっているので、ほぼ土地代の提示しか得られないことでしょう。もしも家があまりにも古く買い手が見つかりづらいと考えられるのであれば、土地に家をつけたまま売却するという方法も検討すると良いかもしれません。

【売却方法②】スピード重視なら買い取り専門業者に当たってみる

次の住まい探しをスムーズに行う必要があり、買い手が現れるのをいつまでも待つことはできないというケースでしたら、買い取り専門業者を探してみるのもよいかもしれません。正直なところ、売りたいと考える希望の価格を下回ることが多いようですが、住み替えが目的で一戸建てを手放す場合はスピードを選択することが最善となる可能性もでてきます。

「次は完売必至のあのマンションに」「子供の新学期に合わせて」と次の予定が押してしまうのならば、買い取りも一つの方法です。即金で支払われることが買い取りの大きなメリットです。いつ売れるのだろうというモヤモヤ感をすっきりとぬぐうことができますし、購入希望者から度々寄せられる内覧希望や値引き交渉に応じる時間が取れないといったときにも有利な手立てとなるでしょう。

売却後に発生するかもしれないクレームの可能性も含んで、買い取り業者は受け止めてくれますから、後日トラブルに巻き込まれることもほとんどない方法として利用価値はあるはずです。買い取りはとにかくスピーディです。「時間をお金で買う」と考えれば、多少値が下がったと感じても利点も多々あり、と納得できるかもしれません。

【売却方法③】一括査定サイトの利用

一戸建て売却を有利に進めるには、より多くの不動産業者に査定してもらうことが大前提となります。1社で満足せず、複数の不動産業者の査定をとりましょう。わざわざ「他の会社にも査定を取っていますよ」と伝えなくても、自動的に複数の不動産業者に査定を依頼し、競争してもらうための仕組みがあります。それが一括査定サイトです。

必要事項を一度入力すれば、登録されている不動産業者に一斉に届きます。この情報を元に複数の不動産業者が机上査定価格を提示してくれるのです。さらに、一括査定サイト経由であることは業者側も充分認識していますので、「我こそは!」と精一杯の努力をしてくれるでしょう。

複数の担当者に接する中で、より親身にアドバイスをくれる人が解ってくるはずです。不明点はどんどん質問してください。解らないままに事をやり過ごすことのリスクを回避すると同時に、提示される売却見込み額に頼らない“人間力”に迫ることができます。この人間力を見い出せなければ、財産である一戸建て住宅を安心して任せることはできません。

【売却方法④】一括査定サイトなら「イエイ」

一度の申し込みで複数社の査定を取り寄せるという部分は同じでも、サイトによって力のほどは異なります。総合力では「イエイ」が群を抜いているといえます。

イエイは、「イエローカード制度」によって、クレームの多い業者は締め出すという措置を取る方針です。さらに安心なことに、「お断り代行サービス」も完備。せっかく良くしてくれている会社があるけれど、値段よりも人を重視したいといった理由で気持ちが他社に動くこともあるでしょう。このようなケースに使いたいサービスです。査定前でも、査定後でも相談できる「なんでも相談室」では、常駐の専任スタッフが中立の立場で的確なアドバイスをしてくれます。

安心して情報を入力できる一括査定サイトをお探しなら、「イエイ」のサイトをご覧になってください。

Sponsored Links

無料で不動産売却の査定をするならココ!

スマイスター「スマイスター」不動産売却一括無料査定サイトでは、利用者数350万人、優良不動産会社の提携数1,000社以上の実績を持つ不動産売却の比較サイトです!

質を高める為、スマイスターが登録会社を厳しい基準のもと監視しているので安心してご利用いただけます。

また、あなたの不動産物件は許可無くインターネットで公開されることは一切ありません。

◆「スマイスター」サイトはこんな人にピッタリ♪
・査定額を複数社から比較したい人
・悪質な勧誘を受けたくない人
・大手と地域特化の不動産から査定をしてもらいたい人
・信頼できる不動産会社とやりとりしたい人
・実績のあるサイトで一括査定をしたい人

におすすめです。