マンション売却に要する期間は?口座に入金されるまでの流れ

マンション売却に関しては、実際の売却金額もさることながら、実際にお金が手元に入ってくるまでの期間も気になるところです。

高額な物の売買ですから、“即日完売”は無理であるとしても、平均的な期間を知っておけば、その後の対策も打ちようもあるというものです。

マンション売却には、複数のシナリオ作りが必須ですが、そのシナリオの中でも最善のストーリーはどのようなものなのでしょうか。

マンション売却までの期間は平均で3ヶ月

マンションを売りに出し、仲介業者に広告などアピール活動を依頼し、買い手が現れるまでの平均的な期間は、概ね3ヶ月と言われています。

これはあくまでも平均値であって、買い手のニーズとのマッチングがうまく行った場合です。
時には1年~2年かけてやっと買い手が見つかる、ということもあります。

もしも問い合わせや内覧希望といった購入見込み客からのアクションがない場合も、この3ヶ月を目安に価格や売り出し方の見直しを行うのが通常です。

マンションという大きな金額が動くお買いものは、チラシや不動産サイトで見かけて“一目ぼれ買い”をする人はほとんどいません。

数か月単位で希望者がでてくるかどうかの反応をみなければならないのです。

マンション売却の期間中に購入希望者が現れない場合

ひとつの目安となる3ヶ月の間に問い合わせや内覧希望者が現れなかった場合、仲介してくれる不動産会社の担当者と相談しながらアピールの方法や売り出し価格を再検討します。

チラシや掲載WEBサイトの情報をもらうなどして、より幅広く広告できないかを聞いてみてください。

意外と売り出しにくいのが3LDK以上の築浅物件です。
売り手が希望するマンション売却価格と類似新築物件との値段との価格差がつきにくいため、「せっかく購入するなら新築物件を」という心理が買い手側に働いていることもあり得るのです。

新築物件と競合してしまうようならば、思い切って値段を下げるといった措置も必要となるでしょう。

広告など営業活動に問題がありそうならば、契約が専属専任媒介契約(他社と重ねて依頼することを禁止されている)であっても、契約解除を申し出てみることも必要な措置かもしれません。

その解除の日までにかかった営業費を請求されることもありますが、経費明細書を出してもらいきちんと話し合いをします。

ここでトラブルになるようでしたら、各都道府県にある宅建協会の窓口に相談してください。

マンション売却による一般媒介のメリット

購入希望者を幅広く募集するためには、複数の不動産会社に重ねて依頼することができる「一般媒介」という取引態様をとるようにするとよいでしょう。

複数の会社とのやりとりで時間を取られることも想定されますが、その分、購入希望者の目に留まる率が高まることとなりますので、マンション売却までの期間短縮のための強力な武器となります。

この取引態様でも、「告知」「反応」の期間は月単位で計測します。

モノの売買は、「売りたい人」「売りたい物」「買いたい人」「価格」のバランスで成り立つものですから、即時すべての条件が整うことはない、という事だけはご理解頂いておかなくてはなりません。

特にマンションともなれば金額は数千万円単位。
一目ぼれ、衝動買いができる物ではないのです。

極力多くの不動産業者に仲介してもらう環境を作っておくことがよいでしょう。

マンション売却が期間中に成立した場合の流れ

1.手付金

めでたく購入希望者が現れ、売買契約書を結んだ時からお金が動き始めます。第一回目は「手付金」です。

例えば3,000万円で売買契約書を交わしたのであれば、一般的な手付金の金額は100万円前後です。
売買契約書を締結した時に支払われます。

現金の場合もあれば、相談次第で振込になる事もあります。
このお金をそのまま利用して、次に購入するマンションの手付金とする方もいらっしゃいます。

2.中間金

売買契約書を結び、手付金を受け取った翌月には、通常「中間金」と呼ばれるお金が振り込まれます。

先のケースならば、200万円前後のお金が動くはずです。
これもまた、次に購入するマンションの中間金として使う方もいらっしゃることでしょう。

購入した方から直接売主の口座へ振り込まれるものですから、きちんと口座の管理をなさってください。

3.最終金

最終的な残額(このケースならば約2,700万円)は、売買契約書を交わした約4か月後に売主の口座へ振り込まれるのが一般的です。

最後の振込である上に、最大の金額が動くため、マンションのローンを組んだ金融機関へ入金してもらいます。
このお金をローン残額の一括返済に利用するためです。

このお金を確認した上で、売却が完了したマンションについていた抵当権(住宅ローンが返せなくなった場合金融機関に物件を差し出すための担保)を外す手続きを行います。

次に購入したい物件と巡り合えない場合は?

売りに出し、買い手が見つかったとしても、次に購入したい物件に巡り合えない場合はどうすればよいのでしょうか。

答えは簡単です。
売却したお金をローンの返済に充て、一度身軽になって、次の住まいを見つけるまで一時的に賃貸物件に住まいを構えるのです。

上記のように売り手・買い手ともに同時に動ければよいのですが、価格・時期など全てが完全に合致することは珍しい事と理解しておいて頂きたいと思います。

また、上記のように「入ったお金を次のローンに使う」ことも、ローンの契約条件によってはスムーズに行えないこともありますから、不動産会社や担当者に事前に相談しておきましょう。

次の物件に妥協をしたくないのであれば、一度は賃貸物件へ住まう期間も考えておいてください。

マンション売却の期間中に購入したい住まいに出会った場合は?

不動産との出会いは“一期一会”といいます。
今の住まいを購入してくれる人が見つかるよりも先に、次の住まいとしたい物件に出会ってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

こういったケースでは、多少値段が下がっても「買取」してくれる不動産業者を探すのが先決です。

買い手を待っている間にも、その次の住まいが人手に渡ってしまうかもしれません。
それを避けるためにも、買取に強い不動産業者に査定をしてもらうようにしてください。

一括査定サイトで、仲介も買取もスムーズに

マンション売却期間をはじめとして、お金の流れも大きく関わる人生の大事業と言える不動産売買。
これを仲介であれ買取であれ、スムーズに行うためには、本当に欲しいと思ってくれる購入希望者にスピーディに出会う必要があります。

この状況を売主の手で作り上げるために大切なのは、多くの不動産業者と接触し、より強力的な担当者を見分けることです。

そのような有利な状況を一瞬で組み立てられるのが、「一括査定サイト」の利用です。

売却したい物件の所在地や間取り、専有面積、築年数など必要事項を入力するだけで、複数の会社から机上査定を受けられるので、とても便利。また、会社同士の競争が生まれるため、早く・高くと物件の紹介を急いでくれるのです。

中には思った以上の高値で売れた、複数社の査定で1割もの金額の開きが生じた、という方もいらっしゃいます。
これこそが、一括査定サイトの利用価値です。

マンション売却は初めて、という方には「スマイスター」がお勧めです。

相談専用窓口が設けられていますし、全国から800社以上との繋がりを持っており、あなたの不動産に合った最大6社から一括査定することができます。ユーザーからの相談により、不審な不動産業者が現れた場合は排除される仕組みも出来上がっていることから、安心して査定を受けることができるのです。

Sponsored Links

無料で不動産売却の査定をするならココ!

スマイスター「スマイスター」不動産売却一括無料査定サイトでは、利用者数350万人、優良不動産会社の提携数1,000社以上の実績を持つ不動産売却の比較サイトです!

質を高める為、スマイスターが登録会社を厳しい基準のもと監視しているので安心してご利用いただけます。

また、あなたの不動産物件は許可無くインターネットで公開されることは一切ありません。

◆「スマイスター」サイトはこんな人にピッタリ♪
・査定額を複数社から比較したい人
・悪質な勧誘を受けたくない人
・大手と地域特化の不動産から査定をしてもらいたい人
・信頼できる不動産会社とやりとりしたい人
・実績のあるサイトで一括査定をしたい人

におすすめです。